三脳研関連

うのへん21日目~目を閉じて何かを視る?

2023.11.8 右脳思考への変容習慣21日目

当時の投稿

ちょっと文字だと分からない気がしますが…
これをやり続けて来た中で
最近気づいた事を書きます。

真っ暗な部屋で目を閉じている状態で
自分の手を目の前にかざして見た時
視界の中に黒く動く物を感じたんですよ。

それは
目を開けている時に視えるとしたら
「手をかざしている」部分。

目を閉じている
部屋が真っ暗
2つの条件を満たしているのに
なにか視える(目で感じる)って
どういう事なんじゃろうなぁと。

自分の手なので脳内イメージが投影されたとか
そういう可能性の方が大きい気はしますが…。

エネルギーをある意味可視化する
という部分にアプローチ出来たりしたら
面白いなぁって思っています。

目視(物理)の能力をオフにすると
目視(感性?)の能力を感じられる

みたいな。

思いつきで言うと
それらの能力は
元々両方発現していて

物理的視力の方が強く出ているから
感性的視野(仮称)にモードを入れづらい。

というか気付きづらい?

でも物理視力を
任意にオンオフまたは
弱めたり強めたり出来るのなら
感性視力(仮称)にアクセス出来る
助けになるのかなーとか。

霊能力者の宜保愛子さんは
かつて片目の視力を失った後
その見えない方の目で
人には視えない物が
視える様になったとも聞きます。

それが比較的安全に
訓練出来るのであれば
何かよりよい世界に役立つ
技術とか出来るかなぁ。

とか考えたりしていますが
ただたんに自分の手だから
感じられてるだけかもしれませんw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です