三脳研関連

うのへん7日目~タイムリープで追体験?をメモ帳で!

2023.10.25 右脳思考への変容習慣7日目

当時の投稿
昨日は「右脳さんぽ」という物を
やってみました。
 
「お腹いっぱいになる所行きたいな」って
お腹に伝えておき、後は適当に歩き回り
曲がり角とかでは直感を優先。
 
結果としては徒歩5分で行けるスーパーに
20分以上掛けて辿り着く。
 
多分どっかで直感じゃなく左脳思考で
曲がる箇所決めちゃってたのかなw
 
途中ぐいぐい引き戻される感覚とかあって。
 
そりゃ右に3回曲がったら
同じ所に戻るよなぁとかw
 
そういう所も楽しみつつ
「うのさのバランス」を
より良くして行きます。
 
あと前に建物の屋上や屋根を
イメージすると右脳感覚が覚醒して
遠眼状態になれるってシェアしたと
思いますが、それって実は
「今までは歩く時に全然上を向いて無かった」って気づき
 
それだけで頚椎位置が良くなり
そして遠眼状態に入る事を
遺伝子が思い出させてくれた気がして
 
衝撃を受けました。

頚椎位置…? 遠眼…?

となった方がミリオネア的に言うと50:50になっていると思いますので説明を挟んでいきますね!

分かりやすく言うと武学體術用語です。姿勢の調整法や武術的な動きに重要な要点を単語にしているという捉え方をして頂ければ結構です。

順調に右脳へと変容してそうな雰囲気で書いていますが、昨日まで書いた内容の通り、この時期既にカナリの勢いで左脳と右脳を激しく行き来する

揺さぶられ期(勝手に命名)でした。

なんだか川原礫みたいな(呼び捨てにするな)サウンド感がいいですね!二刀流で「もっと…もっと速く!!」とか言ったり「バーストリンク!」とか言って銀色のカラスさんになったりする小説を書けそうですね。

このブログを書き始めて毎日の様に当時の自分を振り返っていて思う事が

「あぁ、もう出来てたんだな」

って事です。

こういう自身の変容をしてみようって思って始める行動や活動って、どこかで「何かサンダー的な衝撃のショックを感じる音エネルギーにも似たウェービングオーラを感じてさも自分が突如まるで別人のように変わったのだと錯覚するほどの」何かを感じたい欲求が大きく湧いてくるんですよね。

でも多分そういうのってほぼ無くて。

武学體術を始めた時も、そういう感覚は無くは無かったんですがそれでもやっぱり振り返ってみると余計に「あぁ確かに始める前とは完全に違うわ!」っていう感覚が「いま、その時」に起きる感じって言うのかな。

武学は基本的に再現度が100%の検証法しか採用しないので比較としては良くないのかもしれないけど、それでも振り返った後の方が差に気づきやすいという点においては同じ感覚を覚えるので説明としては成立していると思います。

殊「うのへん」については完全に感覚から始まる物なのでこの振り返り行為って結構大事なのかもしれないっていう気持ちが日毎に増しています。

やり方としては最初にうのへんを始めたら毎日メモでもなんでも良いからちょっとずつやってみた感想とか気づいたことを書いて行く。

それを続けて行って3ヶ月経っても実感が湧かない時にこの「振り返り」を始めて見て下さい。

多分モチベーションが戻ります。

あの時って出来てたんじゃん!私ってもしかしてすごいんじゃない!とかやった、俺すげー!とか。そういう気持ちが「あるなぁ」って思えると思います。

あるなぁって思って、それが光の粒になって宇宙に上がっていき、そしてまた世界や自分に優しく降り注いでくる。

みたいな。

多分そういう感情で何かを確認する事、そしてそれをただ「あるなぁ」って認識して宇宙に返したりする事もいいんじゃないかなって思ったり思わなかったりします。

正にラノベのタイムリープモノで「そうかこの時既に俺は変わっていたのか…!」を実際に感覚とメモを読み返すことでやる感じですねw

んじゃまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です